あなたの頭の中のことは本当?

今日の映画日記。
クワイエットルームにようこそ。
内田有希、蒼井優、りょう、宮藤官九郎、大竹しのぶ出演。

2007。
精神科に強制入院させられた主人公が、患者たちとの交流で自分を見つめ直し立ち直るストーリー。

患者たちそれぞれの抱える事情は違うけれど、立ち直れる人もいる。
主人公は自殺の意志はなく、間違いで入院したと信じていた。

しかし、次第に、実際は前の夫の自殺と、その子をおろした罪の意識により自殺するために薬をのんだと自覚していく。
問題に目を向けて、初めて乗り越え前を向くことができると思った。
自身の弱さ、狡さ、カッコ悪さ、負の部分を見つめて、自覚しないことには誰しも前に進めない。
その作業はとても大変だし、出来ればしたくない作業かもしれない。
でも、そこにこそ人間としての成長も幸せもあるんじゃないかな?

蒼井優は登場人物の中で唯一まともだと
思って、言葉を信じてた人物だったが、やっぱり病気だったと気づくところが面白かった。
大竹しのぶは、やはり演技にいい味が出ていた。

Posted by user in nocategory