田舎のおばあちゃんとの会話

母親の出身が佐賀県のため、田舎のじいちゃん、ばあちゃんと会話するのは中々苦労した少女時代。
小学生の時に母が夏休み長期で帰っていたが、関西出身の私には魔法の言葉に聞こえた時もあったのだ。

標準語で「よい」が関西「ええ」佐賀「よか~」と何とも方言の壁にぶつかる日々。
まあ、会話はなりたっていたので、いいが。
そがんおいしゃいと。とばあちゃんが言った時は母に何て言ってるの?と母によく質問していた。
多分関西からでたら私も何言ってるんだこの人?になるんだろうけど。

小学生時代の私は今と比べてワイルド、野生児じみている子だったなと懐かしんでいる。
今の性格は落ち着いているように見えて、行動が大胆だな!と回りから驚かれるのはそのせいだろう。

Posted by user in nocategory